【学生生活】医学部生のバイト事情

スポンサーリンク

こんにちは、yuです。

今回は医学部生のバイト事情について記事を書きたいと思います。

大学生のバイトは幅広く、コンビニやマクドナルド、居酒屋などの毎日入るような職種から家庭教師や塾講師など時給の高い職種、カフェなどでおしゃれに働くバイトや選挙のお手伝いなど臨時のバイトなど本当に多種多様です。

前大学在籍時には友人もこのように様々なバイトをしていました。しかし、医学部の同級生を見ていると少し事情が異なるようです。

まず一つ目としては塾講師や家庭教師などが圧倒的に多いことが挙げられます。

これは地方大学に所属していれば必然的なのかもしれません。旧帝大などを受ける受験生を教えることができる学力を有している大学生がそもそも医学科生しかおらず、かなりの需要があるからと考えられるからです。なかには時給5000円以上で働いている友人もおり、羨ましい限りです。

次にそもそもバイトしている人が少ないのかなと思います。

医学部は他学部と比較して最低限必要な勉強量が多いことからバイトする暇がない、ということが容易に想像できるかもしれません。

しかし現在1回生ですので授業数もそこまで多くなく、バイトをする時間的な余裕は十分あるように私は感じます。

実際私は塾講師や家庭教師など短時間のバイトでしたが週4~5回程度のバイトをこなし部活動にも参加していますがそれでも十分に専門の勉強をする時間はありました。

具体的な数字を調べたわけではないですが医学部には親が医者である場合や比較的裕福な家庭である場合が多く十分な仕送りをもらっている学生が多いように感じます。私はバイト自体はする必要がなければ特にする必要はないと考えています。確かにバイトで身につけることができるスキルなどは今後有用なものもあると思います。しかし結局は自分の時間をお金に換金しているようなものなので不必要にバイトをする必要性を感じないからです。それよりも自己研鑽に時間を充てる方が有意義です。

以上のことが他学部とのバイト事情の違いであると思いました。

さて家庭教師などが多いとは言ったもののどのようにして家庭教師先を見つけるのかという疑問を持つ方も多いと思います。

所属している部活の先輩などからの紹介もあると思いますがそんなクチはあまり多くはありません。

では私がどこからそのクチを見つけてきたのかというとネットです。友人に聞くまで私も知らなかったことなのですが現在はネット経由でも個人契約の家庭教師をたくさん見つけることができるようです。

私も友人聞いてから登録をしたところ、個人当てに志望がきた案件や家庭教師急募の案件のお知らせが回って来たりと驚くほど多くの案件があるということを知りました。

「家庭教師 個人契約」などでネット検索すればそのようなサイトが出てきますのでもしお探しの方は試してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする