【京都】京都東寺の枝垂桜

スポンサーリンク

こんにちは、yuです。

先週末に大学時代の集まりがあり、ちょっと寄った京都駅で時間が出来たので東寺まで歩いて行ってきました。下賀茂神社や清水寺、平安神宮、金閣寺などは行ったことがありましたが東寺は前を通ったことしかなく、寄ってみるのは初めてでした。

東寺は真言宗全体の総本山であり、古都京都の文化財として世界遺産に登録されている有名なお寺です。五重塔は遠くからでもよく目立ち、新幹線からも見えます。また月に一度、多くの人でにぎわう「弘法市」も開催されています。

隣には進学校の洛南高校があることでも有名です。こういった有名なお寺の横に学校があるのも京都ならではだと思います。

<東寺の場所>

・名神高速道路京都南のインターチェンジで降りて京都中心部に向かうときにも見えます。

京都駅八条口から歩くこと約15分。

八条通り→油小路通り→油小路東寺道を通っていきました。

イオンモール沿いに歩いていくと東寺への案内図が出ていたので道に迷うことなくいけました。

そして到着。

・東側の入り口。大宮通りに面しています。この日は本当に天気が良かったです。

門から中に入ると駐車場があり、左手のほうに歩いていくと枝垂桜がありました。

・枝垂桜はほぼ満開でした。(逆光気味なのが残念です。。。)

周囲にはほかの桜もありましたがまだ7分咲きといったところでしょうか。

京都の枝垂桜というと八坂神社の近くの円山公園にある枝垂桜が有名で、そちらしか見たことがなかったのですが東寺の枝垂桜も見事でした。

また円山公園よりも人が少なかったので、ゆっくり桜を見たい人にはおおすすめだと思います。

・こちらは食堂。「じきどう」と読むそうです。

食堂は納経所でもありますのでここで御朱印がゲットできます。

文字は弘法大師と書いていました。さすが真言宗の総本山って感じですよね。

また四国八十八か所のお遍路に行く前には東寺で出発の挨拶を済ます方も多いそうです。

食堂には仏像もありました。ミャンマーに行ってたくさんの巨大な仏像を見た後に久しぶりに日本の小柄な仏像を見ると小さいながらも控えめで上品な感じがしました。

・東寺の御朱印。弘法大師と書いています。(お初穂料300円)とても丁寧に書いてくれました。

今回は時間の都合上中に入ってのんびり桜を鑑賞することはできませんでした。

しかし外からでも十分堪能することができましたので京都駅で時間ができた方は行ってみてはどうでしょうか。

・最後に駐車場から五重塔をパシャリ。枝垂桜も十分見れます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする