雑記

【雑記】カップ麺でおなじみの「蒙古タンメン 中本」目黒店で蒙古タンメンにトライ

こんにちは、yuです。

 

先日東京に滞在していましたが、その間にぜひともトライしたいと考えていたのがカップ麺でおなじみの蒙古タンメン中本の蒙古タンメン。

わたしはあまりカップ麺を食べませんが、食べるときはだいたい蒙古タンメンかどん兵衛なのでいつかはお店で蒙古タンメンにトライしたいと考えていました。

そこで東京滞在最終日に時間ができたので蒙古タンメン中本の目黒店に行ってトライしてみました。

 

蒙古タンメン中本を求めて目黒店へ

友人宅にいる時に蒙古タンメンに行くことを決めて、店舗を調べてみると目黒店があるとのこと。

東京滞在時は山手線恵比寿駅と目黒駅の中間あたりにある友人宅で過ごしていたので徒歩圏でした。

友人宅から歩くこと15分ほど。

目的の蒙古タンメン中本目黒店に到着。

赤を基調とした店構えに、すでに辛い麺類を提供していそうなオーラが発せられています。

お昼時を外して14時ごろに行ったので、特に並ぶこともなくお店に入ることができました。

お店の入り口にメニューがあり、店舗に入ってから食券を買うシステム。

辛さの段階が数字で比較されており非常にわかりやすかったです。

辛い物が好きなので北極ラーメンが気になりましたが、当初の予定通り蒙古タンメンを注文することに。

中で食券を買い、カウンターに着席。

蒙古タンメンと対面

注文すること約数分。

ついに蒙古タンメンとのご対面です。

おぉ!

やはりカップ麺と店舗での麺類は違いますね!

カップ麺との違いは餡によりとろみがついており、野菜、豚肉の大きさも大きい点が異なります。特に豚肉の量が多いと感じました。

カップ麺では入れると赤いラー油みたいのが浮く後入れの辛いソースがありましたが、店舗での蒙古タンメンにはそのようなものはありませんでした。

少しラーメンにしては値段が高い気がしましたが、そのボリュームから妥当かなと思います。

そして実食開始。

食べ始めるとハシがよく進みます。

麺。

カップ麺とは違ってしっかりとコシのある麺です。

この麺のおかげで非常に食べごたえのあるタンメンになっています。

プリプリモチモチした麺なのでトロトロの餡もよく絡みます。

カップ麺のほうも麺は太めですが、コシが全く違いました。

餡。

豆腐入りでとろみがしっかりあるので見た感じではマーボー豆腐に近いものを感じます。

カップ麺には具に豆腐がありましたが、本物は餡に絡んだ豆腐でした。

 

スープと一緒に食べる麺、餡と一緒に食べる麺、具と一緒に食べる麺、それらを混ぜて食べる麺など、いろんな食べ方があるのでいろんな組み合わせで食べていきます。

一品でこれほど様々な食べ方のある麺類はなかなかないのではないでしょうか。

また麺と餡についてフィーチャーしましたが、やはりスープのうまみがたまらないなぁと思いながら食べ進めていきます。蒙古タンメンが広く受け入れられているのはその辛さもさることながら、やはりスープのうまさを外すことはできません。

 

あと食べ進める中で思ったのは、カップ麺の再現性。

さすがに麺や餡は少し違うかもとは思いましが、それ以外は本当によく再現してあると実物を食べて思いました。

辛いけどウマいので噴き出す汗を拭きながら、麺・具を完食。

スープも完飲しようか迷いましたが、最近ダイエット中なので控えることに。

 

カウンターに着席後、となりに女子大生が着席し、北極ラーメンをすごい勢いで食べていました。

見るからに辛そうな北極ラーメンでしたが、その女子大生はスープも完飲。

常連さんになるとそれぐらいは当たり前なのかもしれませんね。。。

まとめ・感想

以前から食べたいと思い、ハードル高めで蒙古タンメンを食べに行きましたが、それ以上においしかったです。

いまも記事を書きながらよだれが出てきそうなぐらいまた食べてみたいです。

次に行った時には北極ラーメンでも食べてみようかなぁ。

いずれにせよ、また東京へ行くときにはぜひ訪れてみます。

 

店舗情報

営業時間

11:00~23:00

定休日

無休

電話番号

03-3446-1233