医学生生活

【CBT】CBT勉強記録(CBTまであと34週)

こんにちは、yuです。

 

久々のブログ更新になります。留学自体を楽しむためにブログ更新の頻度を下げようとした結果、帰国後もそのまま更新せずに3回生が終わってしまっていました。笑 習慣にしていたことを一回でもサボるとそのまま続けなくなる悪い例ですね…。これからは適度に更新しようと思います…。

さて早くも4回生になりました。再受験して入学した頃には6年なんてはるか先だと思っていましたが、もう折り返していたことに驚きです。

医学科4回生といえば一大試験のCBTがありますね。多くの医学生がCBTは頑張ろうと意欲を燃やしていると思いますが、私もそのうちの一人です。

今回はCBTの勉強記録を始めるとともに、昨年のことも振り返りってみます。

3回生を振り返って

3回生では薬理学や細菌学、病理学など病的な状態についての基礎医学をメインに勉強しました。2回生のころよりも授業のスケジュールが密で日々勉強に勤しむ一方、夏明けからは部活も幹部となり、充実した生活を送ることができました。

学業に関しては継続して頑張ることができたと思います。定期試験が勉強の頑張りの指標でわかりやすいので、継続して定期試験で90点を目標に頑張った結果、だいたい90点前後を取ることができました。また各教科の勉強法などについても記事を書こうと思います。

CBTについて

CBTについて簡単に説明すると、CBTはComputer Based Testingの略で、臨床実習に参加する前段階の知識を問われる共用試験のことです。どの大学に属していてもこの試験を受験し、合格点を取らなければ臨床実習に参加することができません。

CBTの目標

目標はずばり90%取得!

これを目標にしている学生も多いのではないでしょうか?CBTでは学内順位も出ますが、相対値よりも絶対値を優先したいので90%以上を目標にしました。

CBTの目標:90%以上

今週のCBTの進捗

基本的にはCBT用のQBをベースに勉強するつもりなので、進捗はQBで管理する予定です。

タイトルにCBTまでの週を入れてますが、身バレ防止のために記事更新日は別にしてあります。

Vol. 1

基本事項:20/79問中

とりあえず試しに解いてみました。この分野は後回しにしても良い気がしたので、本格的に解くのはもう少ししてからにする予定です。

Vol. 3

遺伝ゲノム:7/7問中

感染症:50/100問中

少し前にあった試験の分野から解き始めてみました。感染症は細菌学、寄生虫学、ウイルス学の内容なので基礎医学が終わった時点で解けそうな印象です。

total

total:77問

最初なのであまり解いていませんが、継続して解いていく予定です。

学内では早々と解きまくっている同級生もいるようですが、最初に立てた計画通りにマイペースに進めていこうと思います。

まとめ

大学にもう一度入ったら英語も頑張ろう!、との気持ちがありましたが3年間ほとんど手をつけていませんでした。4回生からは英語にも手をつけることにします。

CBTについてはブログを更新することでサボらないようにしていこうと思います。

 


こちらの記事もおすすめ!